読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アデニウム・アラビカムの植え替えをしてみた。

 

こんにちは。

 

今回、育てている植物の中ではトップクラスのインテリア性を誇るアデニウム・アラビクムの植え替えをしてみました。

いつもなら適当な大きさのホームセンターのプラ鉢に植え替えるのですが、今回はお洒落ピーポーの街、神戸までわざわざ出向いて買ってきた鉢に植え替えてみました。

 

買ってきた鉢がこちらです。

 

f:id:yoshida_lab:20150726215549j:plain

  

f:id:yoshida_lab:20150726215550j:plain

 

お洒落な鉢というもの買ったことがなかったので、相場が全く分からなかったのですが、700円とそこまで気にする値段でもなかったので買いました。

 

そして植え替えるアデニウムがこれです。

 

f:id:yoshida_lab:20150726215552j:plain

 

宝塚の陽春園で買ったもので、そら植物園から来たもののようです。

鉢がかなり小さくずっと植え替えなきゃなと思っていたのですが、なかなかやる気が起こらず、今回やっと植え替えに踏み切りました。

 

f:id:yoshida_lab:20150726215553j:plain

 

アデニウムは砂漠の薔薇と言われているように、春から秋にかけて綺麗な花が咲くらしいのですが、最近は小さい鉢のせいか成長がそこまでよろしくなく、それも植え替えようと決意した理由であります。

 

鉢から抜いてみると結構根が張っていました。

 

f:id:yoshida_lab:20150726215554j:plain

 

本来は塊根植物は一週間ほど水を断ってから植え替えをする必要があるらしいのですが、今回は鉢が小さく、真夏でかなり乾燥しているので大丈夫だろうと思い3日ほどしか水を断っていませんでした。

そのせいか、中は少し湿っており、やはり一週間は開けるべきだと思いました。

それと根をほぐしてみると腐ったような根が取れたので、もう少し水やり回数は減らすべきなのかもしれません。

それでも土が乾ききってから数日おいてからの水やりだったはずなのですが…

 

f:id:yoshida_lab:20150726215555j:plain

 

 土に埋まってた部分はこんな感じでした。

 

f:id:yoshida_lab:20150726215557j:plain

 

f:id:yoshida_lab:20150726215556j:plain

 

なんというか少し見ちゃいけないものを見ている感じになりますね。

もっと大きく広がってる根かと思いきや、つるんとした感じになっています。

 

今回使うのはサンスベリアを植え替えた時のアイリスオーヤマの土です。

 

f:id:yoshida_lab:20150726215559j:plain

 

別にサボテンと多肉用の土も売っていますが、これも水はけは頗るいいようなので大丈夫だと思います。

 

例によって鉢底に軽石を置いて植え付けていきます。

 

f:id:yoshida_lab:20150726215558j:plain

 

途中でマグァンプを少しずつ撒きながら土を入れていって完成です。

 

f:id:yoshida_lab:20150726215602j:plain

 

f:id:yoshida_lab:20150726215603j:plain

f:id:yoshida_lab:20150726215605j:plain

f:id:yoshida_lab:20150726215604j:plain

 

やはり鉢を変えると全く雰囲気が変わりますね。

アデニウムは2000円で鉢が700円なので土などを考慮すれば原価3000円くらいですね。

都会のお洒落な園芸店に行けば4,5000円で売っているのでこんなもんですね。

 

特にアデニウムは綺麗な花が咲くのでインテリアとしてかなりおすすめです。

観葉植物としての形の美しさに加え、頻繁に花が咲いてくれる植物と言うのはそうありませんからね。

 

植え替え後は根腐れを防ぐために一週間は水やりせずに様子見らしいので、日当たりのいいところにおいておきたいと思います。

 

おしまい。