読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

英語学習サイトVerblingのHinaの授業がおすすめ過ぎる。

 

僕がよく使っている英語学習サイト Verbling について紹介したいと思います。

Verblingはクラス型の英語学習サイトです。

始めにおすすめポイントをさらっと紹介したいと思います。

 

過去の授業が無料で視聴できる

この英語の学習サイトはグーグルハングアウトを使って1対8程度の授業を受けるというものです。授業に参加して実際に先生と会話するにはお金がかかるのですが、このサイトの良いところは過去の授業を試聴するのは完全無料だということです。というよりYoutubeにその動画があがっています。

なのでいつでも好きなときに、先生や授業内容、そのレベルを選んで授業を試聴することが可能です。

 

非ネイティブの生徒がたくさんいる

非ネイティブの生徒がガンガン喋りまくるのもこのサイトの特徴です。なぜこれがおすすめポイントかというと、英語というのはもはや英語ネイティブと会話する手段だけのものではありません。と言うより実際はアメリカ人やイギリス人より、東南アジアの人と英語で会話をする機会の方が日本人は圧倒的に多いのではないでしょうか?そういった人と会話する場合に、相手は分かりやすく綺麗な英語を喋ってくれるとは限りません。むしろ訛りの強い英語を話す場合のほうが多いと思います。Verblingではネイティブの先生の英語に加え、色々な国の人が生徒として参加してくるため、色々な国のなまった英語を聞くことが出来ます。もちろん彼らの英語は完璧ではないのですが、だからといって分からないと投げ出してしまえばコミュニケーションは成立しないわけで、みんな不完全ながらも頑張って発言しており、それを頑張って聞き取る練習が出来るのもこのサイトの特徴だと思います。

 

対話型授業なので英会話能力の向上が見込める

この授業は先生が淡々と説明するというより、生徒と先生がごちゃごちゃ話しながら進めていくため、英会話の雰囲気をつかみやすいと思います。そしてやはり人が会話している授業と言うのは先生が淡々と説明している授業に比べて飽きにくいですし、眠くなることも少ないです。

会話自体は砕けた雰囲気ですが、その代わり内容は英語の文法や表現といったキッチリとした英語を学ぶ授業も多いので、口語的な表現でもって、文語的な使える表現を習得できるという、一石二鳥の内容となっています。

 

先生が皆個性的で面白い

基本的に先生も生徒もプラットフォームを利用するユーザと言う形で存在しているため、"完全な授業"をする先生がおらず、その多様性が面白いです。先生によって個性が強く出ており、もちろん授業も先生オリジナルの内容です。ぱっと見やる気のなさそうな人や、テンション高めの人など、色々いて面白いです。

 

 

そして今回おすすめするのが、カナダ在住のHinaという先生の授業です。彼女はいつもテンション高めで面白いのです。もう見てるだけでテンションがダダ上がりなので精神的にもよろしいです。

彼女を見ていると英語というのが、日本語に比べて如何に表情豊かな言語であるかということを思い知らされると思います。もちろん日本語には日本語の良い所はあるのですが、こと英語に関してはやはり日本語のような単調なトーンで話していてはダメで、Hinaのように多少テンション高めで話すのが良いかと思います。

 

という訳でここにyoutubeの授業動画をひとつ貼っておくので興味がある人は是非Verblingで見てください。

ちなみにこれはハングマンという定番の英単語ゲームの動画で、Beginnerコースの簡単な授業なので、理解しやすいと思います。

 

youtu.be

 

おしまい