読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外に放置していたワリチーの胞子葉の迫力がすごい。

園芸部 ビカクシダ ワリチー

 

外に置いておいたワリチー。

 

f:id:yoshida_lab:20160815190920j:plain

 

見ての通り胞子葉がかなり大きく育っている。

 

f:id:yoshida_lab:20160815190921j:plain

 

ワリチーの胞子葉の枝分かれの仕方って独特で面白い。

ビカクシダはコウモリランとも呼ばれているけど、このワリチーは鹿の角というより、まさにコウモリのような風貌。

貯水葉はなかなか綺麗に育ってくれなくて、どうしても前のめりになってしまう。

 

f:id:yoshida_lab:20160815191018j:plain

f:id:yoshida_lab:20160815191019j:plain

 

手のひらと比べてみてもこんなに大きい。

 

f:id:yoshida_lab:20160815190928j:plain

 

鉢植えに変更して養成中のワリチーはこんな感じ。

こっちは葉が白くてきれい。そして幅広の胞子葉がまさにコウモリって感じ。

 

やっぱりワリチーはかっこいいと改めて思う。

 

そんな感じ。

 

おしまい