読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャールズアルフォードがどんどん貯水葉を出してきている。

 

ビカクシダの成長日記。

 

まずはタイトルの通り、チャールズアルフォード。

 

f:id:yoshida_lab:20161113110839j:plain

 

新しい葉が展開してる最中にまた新しい新芽が出てきた。

 

f:id:yoshida_lab:20161113110840j:plain

 

f:id:yoshida_lab:20161113110841j:plain

 

こんな小さな新芽だけどリドレイっぽい葉脈が見える。

リドレイよりは貯水葉の凹凸は深くない。

 

そしてエラワン。

 

f:id:yoshida_lab:20161113110842j:plain

 

ようやく新しい貯水葉が展開してきた。

 

f:id:yoshida_lab:20161113110843j:plain

 

エラワンの片親はマダガスカリエンセだけど、どれくらい貯水葉の凹凸があるんだろうか。今見る感じだと全く持って凹凸は確認できない…

 

拗ねてしまったマウントキッチャクード。

 

f:id:yoshida_lab:20161113110847j:plain

 

展開中だった貯水葉の成長が止まってしまった…

一回拗ねるとなかなか成長が再開しない…

 

f:id:yoshida_lab:20161113110848j:plain

 

おそらく原因は水苔が多すぎることによる、蒸れだと思う。

隣にいるチャールズアルフォードは元気だし、光量や温度は問題ないと思う。

胞子葉も伸びてるし、そっちに成長力をとられたのかもしれない。

 

そんな感じ。

 

おしまい