ミャンマーからインドまで陸路で行ってみた ⑧ミャンマーのタムからインドのモレへ国境越え

こんにちは。

 

今回は年末年始のミャンマー→インド→バングラデシュ→インドの陸路旅行について。

 

前回記事はこちら。

yoshida-lab.hatenablog.com

 

マンダレーから22時間もかけてようやく到着した国境の町タムー。

 

国境を越えた先はインドのモレという町。

バスを降ろされて、チャットをルピーに両替する前に、近くにいたトゥクトゥクの運転手に国境までの連れてってくれるよう交渉。

すんなり国境へ到着。

 

国境はミャンマーを出国してすぐにインドのイミグレーションがある訳ではなく、出国ゲート?を通過してからもトゥクトゥクの運転手がインドのイミグレーションまで運転してくれる。

 

この写真に写っている橋の右岸がミャンマーでイミグレがあった。

 

f:id:yoshida_lab:20190119152047j:plain

 

この写真はインド側から撮ったもの。

トゥクトゥクの運転手は不法入国かと思うんだけど、ローカル国境にはよくあることだよね。

 

そんなわけでインド側のイミグレに到着。

 

f:id:yoshida_lab:20190119152056j:plain

f:id:yoshida_lab:20190119152057j:plain

 

 

f:id:yoshida_lab:20190119152058j:plain

 

最近開いた国境だけあってすごく新しい建物。

中ではインド政府?の人たちが写真撮影をしていた。

僕らが入国のための書類を書いているところを写真で撮られたので、インドのツーリズム系の雑誌に載るかもしれない。

 

入国審査は頭のイカれてそうなインドの役人で、少し喋ったらすぐに床に唾を吐いていた。

 

入国したは良いもののモレの場所がわからない。

 

f:id:yoshida_lab:20190119152102j:plain

f:id:yoshida_lab:20190119152101j:plain

 

適当に彷徨いていたけど、埒が明かなかったのでヒッチハイク。

適当に交渉してお金を払ってモレまで連れて行ってくれることに。

 

車で数分走ったところで謎の関所。

 

f:id:yoshida_lab:20190119152106j:plain

f:id:yoshida_lab:20190119152105j:plain

 

ここらへんは最近まで外国人が立ち入れなかった場所で、国境のイミグレ以外にも色々変な関所があった。

その全てで、アホみたいに分厚いノートに通過者の情報を書き込んでいた。

こんな分厚いノートに書いてもあとから探しようが無いのに、どうする気なんだろうか。

 

そんなわけでモレに到着。

 

f:id:yoshida_lab:20190119152118j:plain

f:id:yoshida_lab:20190119152117j:plain

 

載せていってくれたインド人。

インド人だけど、顔は日本人に近いね。

 

ここからインパールまで連れて行ってくれる予定だったけど、そこはさすがインドで、全然出発しないし、嘘は付かれまくるし、一緒にいたベルギー人のおっちゃんがキレまくるしで、ここから色々と問題発生。

 

ちょっと国境を越えただけで、言ったことを平然と守らない人間が大量発生するというのは面白い。

先にお金を渡すと負けなので、口約束ではなく、彼らが行った事実に対してお金を払うというスタンスじゃないといけない。

 

ここからインパールまで、まだ先は長い。

 

そんな感じ。

 

おしまい

 

パキポディウム実生、4年生

こんにちは。

 

今回は初めて実生から育て始めたパキポディウムについて。

 

前回記事はここらへん。

yoshida-lab.hatenablog.com

 

yoshida-lab.hatenablog.com

 

yoshida-lab.hatenablog.com

 

まずはたぶんグラキリス1つ目。

現在の様子がこちら。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095720j:plain

 

完全に徒長してしまったヒョロヒョロの株。

肥料のあげすぎかな。。。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095721j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095722j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095723j:plain

 

ここまで来るともうかっこよくは育ってくれないのかな。

 

次にグラキリス2つ目。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095705j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095724j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095725j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095707j:plain

 

結構大きいけど休眠期なので、幹がかなり凹んでいる。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095706j:plain

 

暖かくなって水を上げたらまたパンパンに幹が膨れてくれると思う。

 

次にたぶんホロンベンセだと思われるやつ。

現在の様子がこちら。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095726j:plain

 

ちょっと徒長気味だけど、かなり大きめの株。

枝分かれなのか、ただの芽なのかわからないけど、10点くらい動きだそうなところがある。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095717j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095718j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095719j:plain

 

最後に一番調子が良いサンデルシー2株。

まずは枝分かれしていない方。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095708j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095709j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095710j:plain

 

ちょっと太ってきたけど、やっぱりこれも徒長気味。

次に枝分かれしている方。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095711j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095712j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095713j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095715j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095716j:plain

 

こっちは結構面白い形をしている。

 

今年の夏は肥料少なめにして、徒長させないように頑張りたいと思う。

 

そんな感じ。

 

おしまい

農大系のアガベ・チタノタがかっこいい

こんにちは。

 

今回は昨年近所の園芸店で購入したアガベ チタノタ 農大系

農大系というのは東京農大が由来みたいなんだけど、はっきりしたことはよく知らない。

アガベとかディッキアとか子株からたくさん増殖するからごちゃまぜになってるのかな。

植物って色々品種名はついているけど、環境とか仕立て方にも依るから、あんまり名前は気にし過ぎない方が良いのかなと思う。

 

そんなわけで現在のようすがこちら。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095732j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095728j:plain

 

刺の部分が少し大きいのかなと思う。

 

中心部分はまだ緑色っぽい。

 

f:id:yoshida_lab:20190211095729j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095731j:plain

f:id:yoshida_lab:20190211095730j:plain

 

今年の夏が楽しみ。

なるべくキツめに育てていきたいと思う。

 

そんな感じ。

 

おしまい