読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いまいち調子が上がらなかったエラワンの貯水葉が展開してきた

園芸部 ビカクシダ エラワン

 

エラワンの成長記

前回の記事、萎れてしまったけど、調子は上がってきて貯水葉が出てきていると思っていた。

 

yoshida-lab.hatenablog.com

 

その新しい貯水葉がいじけたまま全く動かず、2か月が過ぎ、今になってようやく動いてきた。

 

f:id:yoshida_lab:20170225140313j:plain

f:id:yoshida_lab:20170225140314j:plain

 

左の貯水葉は成長が止まって、再成長してきたせいか、変な形になっている。

 

そしてなんとまた右側から新しい貯水葉が出てきている。

 

エラワンはなかなかうまくいかない。それでも死亡するような事態には陥っておらず、なんかいまいち調子が上がらないまま燻ぶっている感じ。マダガスカリエンセは水が大好きといわれるけど、その交配種の水加減はどうしたらいいものか。エレファントティスも意外と気難しいらしいし。

 

エラワンを育ててる人自体、他の品種に比べて少ないから、情報もネット上にあまりない。インスタとか見ればある程度情報が見つかるのかね。

 

そんな感じ。

 

おしまい

リドレイ栽培記(2017.02.25)

園芸部 ビカクシダ リドレイ

 

こんにちは

 

前回の栽培記から1週間しか経っていませんが報告してみたいと思います。

 

yoshida-lab.hatenablog.com

 

まずは山採りリドレイ

 

f:id:yoshida_lab:20170225140323j:plain

 

ちょっとずつだけど胞子葉が大きくなってきている。

 

f:id:yoshida_lab:20170225140326j:plain

f:id:yoshida_lab:20170225140324j:plain

 

貯水葉に関しては、貯水葉だと思っていたものの形が少し変。

 

f:id:yoshida_lab:20170225140325j:plain

f:id:yoshida_lab:20170225140327j:plain

 

ほかのリドレイと比べると展開の仕方が違うように見えるんだけど、これで大丈夫なんだろうか。大きさ自体は1週間前に比べて結構大きくなってる。

 

他の二つは貯水葉が元気に展開中

まずはひとつめ。

 

f:id:yoshida_lab:20170225140316j:plain

f:id:yoshida_lab:20170225140317j:plain

f:id:yoshida_lab:20170225140318j:plain

 

1週間前は、ただ水平に拡がっていただけだったのが、水苔を覆うように巻いて大きくなってきた。

 

そしてもう一つ。

 

f:id:yoshida_lab:20170225140319j:plain

f:id:yoshida_lab:20170225140321j:plain

f:id:yoshida_lab:20170225140320j:plain

 

展開中だった貯水葉は成長をやめて、新しい貯水葉が展開してきている。

 

こっちも成長力旺盛。

 

ここまでは順調なリドレイだけど、ちょっと環境が合わないとすぐいじけるらしい。今後もそうならないように慎重に育てていきたいと思う。

 

そんな感じ。

 

おしまい

 

エレマリアの貯水葉が成長してきた。

園芸部 ビカクシダ エレマリア

 

今回はビカクシダ エレマリアに関して。

 

前回の記事はこちら。

 

yoshida-lab.hatenablog.com

 

前回の記事では小さな貯水葉の新芽が出てきたところだった。

現在の様子はこんな感じ。

 

f:id:yoshida_lab:20170218111655j:plain

f:id:yoshida_lab:20170218111658j:plain

 

やっぱりエレマリアは良いね。

エレマリアはエレファントティスとステマリアの交配種だけど、そのどっちも持ってないから、エレマリアとエレファントティスとステマリアの違いがよく分からない。

 

ネットで見るとエレマリアとエレファントティスは特にほとんど同じに見える。ステマリアは胞子葉が分岐してるけど貯水葉はやっぱり似た形をしている。

 

そんな感じ。

 

おしまい